大丈夫!デリケートゾーンの悩みはおすすめケアで解決!

ピンクじゃない!黒ずみがコンプレックス

日本女性の悩みのトップ3に必ず入るのが「デリケートゾーンの黒ずみ」です。

 

特に若い世代ではとても多くの女性が悩んでいます。

 

それには「デリケートゾーンが黒い女性は遊んでる(=セックス経験が多い)」などという、とんでもない都市伝説の存在があります。

 

赤ちゃんでもないかぎり、成長とともに色素沈着が進むのでデリケートゾーンはきれいなピンク色ではなくなります。

 

人とは比べにくい部分ですし、AV女優さんなどと比べると自分のデリケートゾーンがとても黒ずんでいるように見える!と悩みを深くする女性も少なくありません。

 

黒ずみの原因はなに?

 

デリケートゾーンが赤ちゃんでもないかぎりキレイなピンクではなくなる理由は以下の通りです。

 

  • 成長にともなう自然な色素沈着・・・デリケートゾーンはメラニン活性が高いために、特に色素沈着は進みやすい部分です

 

  • 日本人の肌質・・・欧米人と比べてメラニンが高いので、色素が濃く、黒ずみなどは出やすい人が多いです。

     

    日本の成人女性の多くが黒ずみに悩むのはむしろあたりまえかもしれません

 

  • 刺激による色素沈着の加速・・皮膚や粘膜は刺激を受けることでさらに色素沈着が進みます。

     

    下着やヘアのこすれや何らかの刺激により色素沈着が進み、黒ずみが目立ってきます

 

ここから「デリケートゾーンの黒さはセックス経験(刺激)の多さ」という間違った都市伝説が生まれたと考えられます

 

  • 黒いアンダーヘア(陰毛)が影を作る。また、ヘアの多さで起きるデリケートゾーンのかぶれや炎症などから色素沈着が進む

 

どれも自分だけが特別に黒ずむようなことはしていない、自然な理由だということがわかりますね。

 

ピンクじゃない!黒ずみがコンプレックス

 

黒ずみをケアして悩みを緩和しよう

 

本格的に黒ずみの除去を目指すとなると、専門医に相談となります。

 

黒ずんだ部分の切除手術や、ピーリング、専門医の処方のもとでの塗布薬などの医療的な治療が必要です。

 

しかしこれは少しハードルが高い治療です。

 

手術や治療より時間はかかりますがまずは少しずつ自宅でセルフケアすることを始めましょう。

 

黒ずみをケアする方法は以下の通りです。

 

  • デリケートゾーンへの刺激が色素沈着を起こすので、締め付けのない肌にやさしい下着をつけるようにする

 

  • 新陳代謝が悪くなると黒ずみが進むので、正しい生活習慣を心がける

 

  • 市販のデリケートゾーン美白ケア製品でお手入れを続ける

 

◆市販のお手軽美白ケアクリーム
薬用ホワイトニングクリーム シミレス 50g

 

 

 

どうしても黒ずみの深い悩みがつらい場合は、治療が高額になる可能性もありますが美容皮膚科・美容整形外科などへ相談してみるという最終手段があります。

 

ですが、まずは自分で黒ずみのケアを丁寧に続けながら様子を見てみましょう。

 

セルフケアを習慣的に続けていくうちに効果が現れて、黒ずみの悩みが緩和される女性も多いようですよ。

 

◆海外ではどう?女性のデリケートゾーンケア

 

◆アンダーヘアのVIOはサロンか脱毛器か

 

◆不正出血 病院へはいつ行く?出血中なら?

気になったらすぐ!