大丈夫!デリケートゾーンの悩みはおすすめケアで解決!

尿漏れとあそこがゆるい原因は?

 

「咳やくしゃみをしたらいきなり尿漏れして恥ずかしいことが・・・」

 

「重いものを持った瞬間に・・・」

 

「走ったらもう尿漏れが止まらなくてすごく困った」

 

年齢とともに増えるのが尿漏れの悩みです。

 

最近では20代でも悩む方が多くなりましたが、たいていは産後の女性や40代以降に増える悩みでした。

 

そして尿漏れとともに気になるのがデリケートゾーンの締まりが悪くなること。

 

この女性にとってはとても大きな悩みになるゆるみの原因は何でしょうか?

 

それは下腹部にある「骨盤底筋」という筋肉のゆるみが原因です。

 

この骨盤底筋は膀胱を支えて尿を出したり止めたりするコントロールをしています。

 

骨盤底筋という筋肉が弱って力がなくなると尿を止めるコントロールができなくなり、尿漏れになってしまうのですね。

 

この筋力が弱くなる主な原因は、

 

  • 加齢によるもの(老化)
  • 出産
  • 肥満
  • ホルモンバランスの乱れ

 

などがあげられます。

 

特に出産経験が多い女性ほど骨盤底筋が緩みやすく、尿漏れや膣のゆるみを感じることが多いそうです。

 

お風呂やプールに入った後に「ジャー」っと膣から水が漏れるのを感じたら膣がかなりゆるんでいるかもしれません。

 

しかし、骨盤底筋を鍛えることで尿漏れを改善し、膣の締まりを良くすることが可能です。

 

 

一番良いのは骨盤底筋を鍛える運動を日常的に気長に行なうことです。

 

時間がない、面倒くさい、という方や、「運動とトレーニングのグッズを使いたい」という方には、

 

がおすすめです。

 

尿漏れやデリケートゾーンの締まりが気になる方はぜひ下半身の筋肉を意識した運動を続けてみてください。

 

骨盤底筋のトレーニングは60代、70代の方でもきちんと行うことで改善する効果がみられると言われます。

 

 

若い人の尿漏れの原因は?

 

 

尿漏れや膣の締まりがない、ゆるい、などの悩みは年齢を問いません。

 

「アソコがゆるい感じがする」

 

 

「おなかに力が入ると尿漏れしちゃう」

 

という悩みはたいてい産後女性か40代〜50代以降に増えることが多い悩みです。

 

ですが最近では20代や30代の若い人の尿漏れやデリケートゾーンのゆるみの悩みが目立ちます。

 

では若い年齢での尿漏れの原因は何でしょうか?

 

それは上の世代と同じく「骨盤底筋のゆるみ」です。

 

この骨盤底筋は出産時にゆるんで赤ちゃんを出産するための筋肉なのですが、出産前の若い女性でもこの筋肉が弱くなっている人が多くなっているようです。

 

骨盤底筋に十分な筋力がないと尿漏れが生じるようになります。

 

産後でもなく若い世代の女性の骨盤底筋が弱くなって尿漏れとなる主な原因、それは運動不足です。

 

尿漏れに悩む若い方は仕事もデスクワーク、スマホなどのデジタル文化で座ったり寝っ転がっている姿勢が多いのではないでしょうか?

 

また、洋式トイレの普及で「しゃがむ」という姿勢をとることが少なくなっていますね。

 

このようなライフスタイルの変化によって、昔はもっと高い年齢で起こるはずの悩みが20代、30代でも多くなってきたのです。

 

 

尿漏れの手術もある 費用は?

 

笑ったり咳をしたときに尿漏れした、走ったり重いものを持つと尿漏れしてしまう・・・

 

この程度であれば骨盤底筋を鍛える運動でまずは改善を試みるべきです。

 

個人差はありますが数か月〜半年程度で尿漏れやゆるみの改善効果がみられることが多いようです。

 

ただ、このトレーニングでも思うような効果が得られない場合はTVT、TOT手術などという尿失禁手術の方法があります。

 

あまりに気になるようなら病院を受診して相談してみてください。

 

婦人科、泌尿器科などを受診するのが良いと思います。

 

尿漏れ治療の手術について所要時間、費用、入院の有無など病院によって異なります。

 

だいたいの目安として、

 

尿漏れ対策手術

 

所要時間:30分〜1時間
費用:10万円〜15万円ほど(保険適用あり)
入院:1泊〜3泊

 

を目安に考えておくと良いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

気になったらすぐ!