デリケートゾーンの悩みはおすすめケアで解決!

おりものとかゆみで病院へ!

 

主人との性行為の後におりものが増え少し膣を中心に痒みがあったので婦人科の病院へ行きました。

 

内診してもらいまぁ「性器カンジダ」だろうと言うことで飲み薬と塗り薬をもらって帰宅。

 

でも、抗菌薬は効かなかったようで痒みも治まらずでもう一度病院へ行くことになります。

 

検査結果も出ていたのですが診断は「カンジタ」ではありませんでした。

 

なので違う塗り薬をもらって帰りましたがそれはステロイドが入っているということで使用するのが怖く使わずに違う病院へ。

 

2つ目の病院ではその場で顕微鏡で菌がついているか調べてくれ、やはり「カンジタ菌」は見つかりませんでした。

 

その病院での診断では 「カンジタでないなら別の検査に出さないとよくわからない」とのことでした。

 

違う飲み薬と塗り薬をもらって帰りましたがよくわからずの物では使う気になれず結局そのまま放置していました。

 

結局のところカンジダだったのか他の病気だったのか全くわからないままでした。

 

ちなみにHの後やおりものやニオイが気になる時ははいつも清潔を心がけているので市販のビデを使っています。

 


 

カンジダは自然治癒する?

 

そしてラッキーなことにいつのまにか痒みはなくなったのです。

 

カンジダは自然治癒することもあるそうなので免疫力が上がっていつの間にか治ったのかもしれません。

 

ただそれが治まったあとの小股の周りがカサカサになり皮が剥けそのカサカサ皮で今度は痒い! 

 

トイレに入り下着を下ろす度に下着は剥けた皮で粉だらけ〜!の状態でした。

 

気になってトイレに入る度に皮をむいてしまっていたので、無理にむいたところは赤くなりヒリヒリ。

 

カサカサで堅くなった皮膚はエッチの時に割れる事もあり、痛いわ痒いわで涙もんです。

 

それに加えて生理の時はナプキンで蒸れてかぶれるし一時期デリケートゾーンの状態は最悪でした。

 

 

デリケートゾーンの乾燥に効いた市販品は

.

 

このツライ症状がおりもののせいならば と、市販の「フェ●ニーナ軟膏」を使ってみたりもしてみましたが 私には効果なし。

 

最初は気になって剥いてしまっていた皮もいつの間にか剥かなくなりました。

 

その頃から「乾燥なら馬油でもよいかな?」 と、お風呂上がりに小股周りに市販の馬油を塗っていたらいつの間にか治っていました。

 

値段も安いし、赤ちゃんのおむつかぶれにも使えるくらい肌に安心だし馬油はデリケートゾーンのケアにおすすめです。

 


 

皮が剥けている頃は 外出先でもウォシュレットがあれば使用し 清潔を心がけていましたがやはり誰が使っているかと気になります。

 

どんな菌があるかもしれない外出先のトイレでウォシュレットを使うのはドキドキものでした。

 

デリケートゾーンの症状は気になったらすぐ病院へ行くこと、普段から清潔にして観察しておくことは大切ですね。

 

私の場合、乾燥やかゆみにはは身体に優しい馬油でケアして良くなりました。

 

これでカンジダ疑いの症状は完治しましたが、本当は何だったのでしょうか?

 

カンジダは免疫力低下で発症しやすいそうなので、この困った経験のあとは睡眠と栄養に気を遣って生活しています。

 

ストレスも免疫低下の原因になるのでゆったり過ごすようにしてます。

気になったらすぐ!