大丈夫!デリケートゾーンの悩みはおすすめケアで解決!

洗い方をマスターしよう

 

みなさんご存知の通り、デリケートゾーンはとても複雑な入り組んだ構造です。

 

細部まで汚れを落とすのはとても大変ですよね。

 

でもこの見えない部分の汚れの洗い残しが、かゆみや臭いにおいの原因になっているのです。

 

普段から念入りに、できれば鏡をつかうなどして、見えにくい部分まで丁寧に汚れを取り除きましょう。

 

また決して爪でデリケートゾーンを傷つけないように、長いネイルをしている人は特に気をつけてください。

 

洗い方の順序

 

1.肌にやさしい石けん、できればデリケートゾーン専用のソープを良く泡立ててデリケートゾーンにのせます。

 

決してデリケートゾーンで石けんを泡立てないようにしてください。傷や炎症になります。

 

2.指の柔らかい腹の部分で前から後ろに向かって洗います。

 

アンダーヘア(陰毛)から肛門へ向けて、陰核、会陰、大陰唇、小陰唇をやさしくなでるように洗いましょう。

 

3.アンダーヘア(陰毛)は、髪と同じように「地肌」を念入りに洗います。

 

ヘアが多いと肌の汗腺の汚れとにおいがとれないので、毛を洗うというよりは肌を洗うつもりで!

 

4.アンダーヘア(陰毛)は無理やりでなく、軽く抜けるものは抜きましょう。

 

ヘアの多さが下着の中をムレやすくするので、においやかゆみの原因になります。

 

5.膣から肛門へ向けてなでるように洗います。

 

6.洗い残しがないように、包皮に隠れた部分などもめくって鏡でチェックします。

 

7.すすぎが重要です。とにかくよく石けん成分と汚れを洗い流します。

 

石けんかすの洗浄成分が洗い残されると、そこからまた雑菌が繁殖してかゆみやにおいのもととなりますので、よく洗い流しましょう。

 

デリケートな粘膜につかう石けんは無添加のものやデリケートゾーン専用ソープを使いましょう。

 

臭い・黒ずみに【ジャムウソープ】

 

 

また、アンダーヘア(陰毛)が多いと、ムレやかゆみ、においのもととなりますので、衛生や美容のために定期的にアンダーヘアのお手入れもしてくださいね。

 

 

気になったらすぐ!