大丈夫!デリケートゾーンの悩みはおすすめケアで解決!

気になる!困ったあのニオイ

アソコのニオイって何と言っていいかわからないけど、独特のニオイがするんです。

 

生臭いような、酸っぱいような、鼻にのこるような、すごくイヤーな臭さがあります。

 

デパートのトイレで、私が入った後のトイレに来た女子高生たちが「なにこのニオイ!くっさー!」と言っているのを聞いて、
まじでへこみました。

 

アソコ他人にもわかるくらいのクサいニオイを放ってるなんてもう落ち込みまくりです。

 

このニオイがある限り、これから男の人とおつきあいなんてできないだろうなと思うとすごくつらいです。

 

 

 

悩ましいニオイの2大原因

 

デリケートゾーンが時期的、または周期的にニオイが強くなるのはほとんどの女性が体験したことがあるでしょう。

 

でも気分が暗くなるようなあのニオイが一時的でもなく、デリケートゾーンのニオイが頻繁に気になるようならまず原因を取り除くのが大切です。

 

 

 

デリケートゾーンのニオイの原因となるものは大きく2つあります。

 

  1. おりものや尿、恥垢(陰部のあか)などのにおい
  2. デリケートゾーンにある「アポクリン腺」からのにおい、いわゆるすそわきが

 

一番多く考えられるのは「洗い方が十分でないこと」です。

 

デリケートゾーンに残っている汚れのニオイです。

 

デリケートゾーンは溝が多く、尿や恥垢がついていくと時間とともに腐敗臭のようなクサいニオイを放つようになります。

 

きちんと尿や恥垢などの汚れをすみずみまで丁寧に落としてみましょう。

 

尿や恥垢をよく洗い落して、清潔にした状態でもさらにニオイが気になるのは別の原因です。

 

それは「おりもの臭」、分泌されたおりもののニオイです。

 

おりものは病気でなくてもそれ自体が無臭のものではありません。

 

体調やホルモンの変化、生理の前後、また年齢的なことで一時的にニオイが強くでることがあります。

 

デリケートゾーンを清潔に保ち、そのうえでずっとおりもののニオイが気になるのなら、
おりものの状態をよく観察してみましょう。

 

おりものの色や量、ニオイに少し今までと違う気になることがあれば、病気のサインかもしれません。

 

あまり長引くようだと出産のリスクとなるようなトリコモナス膣炎などの感染症も考えられますので婦人科を受診して薬で治療しましょう。

 

もうひとつは原因は、すそわきがと呼ばれるものです。

 

初めて聞く人も多いかと思いますが、「ワキガ(わきの下の強い臭い)」と同じく、裾(すそ)がワキガである=デリケートゾーンが臭いという症状です。

 

◆すそわきがとは?適切な治療とケアで快適に

 

でも、多くの女性の悩みの場合は病院へ行くほどでもないというものです。

 

自分でこまめにケアすることでだいぶ症状を抑えることができます。

 

まずはデリケートゾーンを正しく洗って清潔に保つこと、そして、汗をかきやすくムレやすい状態をなくすために、

 

アンダーヘア(陰毛)の脱毛」というケアはニオイの軽減に効果的です。
                    

 


せっかくの脱毛!失敗したくないよね!だから私は満足度重視のピュウベッロ

【表示料金以外一切不要/期間制限なしでしっかり脱毛/ほぼ痛みなし!】

▼△▼充実のエステメニュー▼△▼

◇脱毛:ヨーロピアン脱毛/黒ずみケア

◇美顔:美顔器/アンチエイジング/美肌パック

◇痩身:セルライト除去/脂肪燃焼/水太り解消/肩こり解消

◇美容:まつ毛エクステンション

 

 

ニオイを予防して悩みとサヨナラするために

 

デリケートゾーンの溝をを丁寧に洗って清潔に保つこと
通気性の良い下着をつけること
ムレないようにアンダーヘアの脱毛などのケアをすること

 

この3つのポイントを心がけてみてくださいね。

 

気になったらすぐ!